ごみ屋敷ができる理由と神奈川の不用品回収

神奈川の不用品回収業者にSOSを出すケースでは、ごみ屋敷の問題があります。

ごみ屋敷は、普通の感覚では理解しにくいのですが、一般の家がごみ屋敷と化すには、一定の流れがあるようです。

片づけや掃除が全くできない人が住人にいる場合、その家はごみ屋敷になる可能性があります。

「可燃ごみ」「不燃ごみ」の区別、リサイクルごみのびん、缶、古紙、ペットボトル、プラスチックなどの回収に関しては、各自治体がルール作りを進めています。

神奈川の不用品回収業者なら、いっぺんに持って行ってくれるので安心です。

高齢化とともに、こうしたゴミの分別ができなくなる、大きなゴミを外に運び出すことが難しくなるなどの、心身の衰えに伴うごみ屋敷化もあります。

ものを捨てられない人というのもいますよね。

これも高齢者に多く、使い捨てのライフスタイルに慣れないということもあります。

粗大ごみを拾い集めるクセのある人もいます。

自宅がゴミ置き場になってしまうケースです。

高齢者の場合、説得しても聞く耳を持たず、自宅なんだからとエスカレートしていって、最終的には足の踏み場がなくなって、転倒などのリスクを伴うようになります。

関連リンク「http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-data/data/tyosa/gomisosei/